*ギフノート編集室、その後*

「ギフノート」を綴ってから、もう2年と半年が経ちました。
ギフノート編集室の3人組は、
いつのまにか母になったり、
少し遠くの町で働きはじめたり、
やっぱり岐阜のまちを歩き回っていたり。
それぞれの暮らしに少しずつ変化が訪れているのだけれど、
それでも私たちは本当のところ、根っこのところは、
ちっとも変わってないんじゃないか、とも思うのです。

岐阜のまちにも少しずつ、変化がありました。
大好きだったお店がなくなってしまったり、
新しく素敵なお店ができたり。
そして、おなじみの店主はやっぱりいつもの笑顔で迎えてくれる。
まちの景色は変わり、あるいは変わらず、そこにあります。

2年半の間に、ギフノート編集室宛に音楽に包まれた夜、それはそれはしあわせな夜
いくつかのおたよりが届きました。

それはときには、岐阜を訪れます、という旅人からだったり、
ギフノートを取り扱いたいのですが、というお店からだったり、

ちょっとお話が聞いてみたいのです、という方からだったりして、
縁あって初めて会った二人で一緒に岐阜のまちを歩いたり、
緑の広がる公園から岐阜城を眺めながらやさしいピクニックをしたり、
不思議なつながりで素敵な音楽が奏でられる夜が訪れたりと
ギフノートを綴ったときには予想もしなかったような、
それはそれは、わくわくするようなこともたくさん起こりました。

さて。

私たちが綴ったギフノートを大切に持ち歩いてくださって、
「勝手にスタンプラリー」と称して、今でもご紹介したお店や
人々に会いにいってくださっている方がいます。
時々、まちなかでその方にお会いすると、
つくづく、実感するのです。

可愛らしいテープで補強をされながら、
たくさんの小さなスタンプを押してもらい、
いつも傍らに置いてもらえるそのギフノートの、
なんとしあわせなことか…と。

 

おかげさまで発行後しばらくでほぼ完売となり、
それからは、新たなお店でお取り扱いを
お願いすることはなかったのですが、
先日、東京・下北沢の、ビールを片手に本が読めるという、
ちょっとユニークな本屋 「B&B(book and beer)」さんからご連絡があり、
ほんの少しだけ、ギフノートを置いていただくことになりました。

まちの景色が変わり、ギフノートで綴ったお店のいくつかは
すでにそこにはありません。
けれども、期せずしてまちのガイドブックの役割も担うことになり、
発行後すぐにたくさんの方のもとへと旅立ってくれたギフノートですが、
やがてゆっくりと、時間と景色の変化の中ではらはらと情報が抜け落ち、
綴った言葉だけが残った今になってやっと、
私たちが本当に伝えたかった、このまちの空気や気配のようなものが、
このページの中に立ち上っているのではないか、などと、
思ったりするのです。 

そんなわけで、もうしばらく、誰かのもとに旅立つギフノートで、

岐阜のまちを感じていただけたら、と思います。

新たにギフノートを少しだけお取り扱いいただいています
■B&B
東京都世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
http://bookandbeer.com/

4月20日(日)に少しだけギフノートを販売します
■やながせ古本市 
「ギフノート編集室 分室」ブースにて

                                                庭の西洋オダマキが
                                             今年も可憐に咲くうれしい4月に
                                                 ギフノート編集室 

 

*柳ヶ瀬 ミツバチ食堂さんのこと*

岐阜のまちなかにある柳ヶ瀬商店街は
屋根にずーっとアーケードが続く、昔ながらの商店街です。
百貨店あり、純喫茶あり、映画館あり、
焼きそば、お好み焼き、みそかつの名店も、
靴屋も薬屋も呉服屋もミセス服の店も、
野菜や果物の店もプラモデル店も、
とにかく何でも店がそろう、ちょっと混沌とした場所です。

代々この土地で商売をしている地主さんや、
昭和の全盛期を懐かしむご年配の店主さんは、
「あの頃は、通りを歩くだけで肩がぶつかるほどにぎわって…」
と、遠くを見つめるように話されることがあります。
たしかに、今ではシャッターが閉まっている店舗もあり、
平日は人通りがまばらなこともあります。
それでも、柳ヶ瀬はやっぱり柳ヶ瀬。

毎朝、店の前のそうじから始まり、シャッターを開け、
いつものように「おはようございます」とあいさつを交わし、
お客さんを迎える商店主さんの心意気は変わらないのだと、
柳ヶ瀬を歩くたびに感じます。そして、今も変わらず
柳ヶ瀬をブラつく「柳(やな)ぶら」を楽しむ人たちの姿も。

2012年8月8日、「ミツバチ食堂」オープンです。

さて。
そんな柳ヶ瀬商店街に17年前にオープンした
「mb cafe」さん。
ワッフル専門店のカフェとして始まり、
数年前からは
オーガニックカフェとして
安全でおいしい料理を作り続けてきました。

ずっと、たくさんのファンに愛されてきたお店です。

その「mb cafe」が、現代版の大衆食堂を目指し、
2012年8月8日に「ミツバチ食堂」として
リニューアルオープンされるということで、
プレオープンの日にうかがわせていただきました。

グレーを基調としたシンプルな内装。
真新しい、美しい木目のテーブル。


この日のおしながきは、

「ひじきの入った大地のコロッケ」
「夏野菜のカレー」もちもちした雑穀米のご飯と野菜たっぷり!
「炒り豆腐のビビンバ丼」

「彩り天丼」
「煮魚定食」

これまでの感謝の気持ちと、
これからの挨拶の気持ちをこめて、
お客様をご招待するということで、
実はこの日、なんとすべてのメニューを
無料で提供されていました。
その、潔くも誠実な気持ちが
なんともすごいなぁ、と思うのです。

店主の岡田さんは本当にバイタリティがあって、
人情にも厚く、「食」や「農」について熱い思いを抱き、
やると決めたら、すぐに実行するタイプです。
こういっちゃなんですが、女性なのに「男前だなぁ」と思うこともあって、
時にその行動力と決断力には惚れ惚れします。
今回のリニューアルは「ずっと、やりたかったこと」を追求するために、
開店当初からの看板メニューだったワッフルをやめ、
カフェスタイルもやめ、また新たな一歩を踏み出した結果です。

作ってきたもの、守ってきたものを変えることは、勇気がいります。
それが順調なのに、あえて、新しいことを始めるなんて、なおのこと。
それでも、岡田さんは前に進むのです、潔く。

優しくて、ちょっとピリリと辛味の効いたビビンバ丼をいただき、
満腹のおなかをさすりながら、談笑していたときのこと。

「大衆食堂に、なれるでしょうか」

岡田さんがポツリと言いました。
そして、「来年もこの場所でお店を続けていられるように、
頑張りますよ!」といつものように笑った姿を見て、知ったのです。
あぁ、新しいことを始めるのは、本当に勇気がいることなのだ、誰にとっても。
そして、それを知っていても、前に進まずにはいられない岡田さんという人は、
なんと強く、清々しく、まっすぐな人なのだろう、と。

もうすぐ、柳ヶ瀬商店街に「ミツバチ食堂」がオープンします。
岡田さんの想いの通り、小さな子どもやお母さんから、
働き盛りのお父さん、学生、サラリーマン、おじいちゃん、おばあちゃんにまで、
この大衆食堂のようなあったかい場所が、
誰からも愛され、いつまでも、ずっと続きますように。 

《ミツバチ食堂》
岐阜市日ノ出町2-5 TEL.058-266-5004
営業時間:11:00~18:00
 定休日:月曜
◆ミツバチ食堂HP→http://mb-cafe.net/

2012年8月4日、プレオープンのおしながき この真新しいテーブルも、やがてあめ色に変わっていくんだろうな。 本当にすっきりとした店内に  炒り豆腐のビビンバ丼&あおさのお吸い物がたまりません! 厨房からも素敵な笑顔をいただきました(笑)! いよいよ、もうすぐ小さな大衆食堂の始まり。 

美味しいものは人をしあわせにすると
つくづく感じたある一日を振り返って
           ギフノート編集室

 

 

 

*マウアさんのこと、そして、ラシェーズさんのこと*

ギフノートを発行してかれこれ半年以上が過ぎました。
本当にギフノートをバッグに忍ばせている女性に
お会いすることもできましたし、知人からこっそり
「ギフノートを見ながら 町を歩いてる人を見たよ」と
自分のことのようにうれしそうに教えられることもありました。
「ギフノートを見て来てくれる方がたくさんいますよー」と
店主の方々からうれしいお声をかけていただいたりもしました。
そして、おかげさまでギフノートは完売間近となりました。

つくづく、ギフノートを綴ることができた私たちは、
なんて幸せだったんだろう… と実感しています。
たくさんの方のもとにギフノートが旅立ち、
愛され、大切にされていることが、 どれほどうれしいことか…。

そして、ある日、思いがけない告白を聞きました。
いよいよ…突然の、マウアデリカテッセンさんの休業。

そこに、ずっとあると思っていた存在。
マウアさんはいつも、どこか、心に寄り添って、
ずっと、ともにある存在のように感じていました。
「あの場所に行けば、マウアさんに会える。
うれしいときも、しんどいときも、あの扉をくぐれば、
美味しいおむすびが竹皮に包まれて並んでいる。
大丈夫、大丈夫。」 そんな風に、いつのまにか、
マウアさんはたくさんの人の心に沁みわたって、
あの笑顔でたくさんの人を迎えてくれていました。

 

ずっと、そこにあると思っていた存在が、
もう、そこには存在しなくなること。
そうやって、まちの景色が変わってゆくこと。

 

先日、まちなかで人々がふらりと集うカフェ
いつもの青い扉に「引っ越しパーティ」の案内が 「ラシェーズ」さんのお引越しパーティーに参加しました。

8年間、岐阜のまちなかの景色のひとつとなっていた、 青い扉のカフェ、ラシェーズさん。

気さくで、ちょっといい加減で、いつもうれしそうで、
電話をすると「はい、ブラッドピッドです」って出て、
そのくせ「松たか子ですけど」って応えると
戸惑って言葉につまり、「…やるなぁ。」と
たいした切り返しもしない、オーナーの岩田さん(笑)。
なんだか、 適当に作っているようにしか見えないのに、
岩田さんが作るマフィンもクッキーも、
大きなパンケーキも、驚くくらいに美味しくて。
知らないうちに、ふと人々が集う、
ちらりと青い扉からのぞいてしまう、
そうやって、そこにずっとあると思っていた存在が、
もうそこには存在しなくなってしまう。

まちの景色は、少しずつ、変わってゆくのです。

マウアさんはまた、ときどき楽しいことをしてくれそうです。
ラシェーズさんは郡上市のひるがの高原に、
5月3日から、ひるがのラシェーズを オープンされます!

そして、たとえば、古本屋の徒然舎さんはいろんなことをつぶやきながら、
まだまだどっしりと岐阜に根を下ろし、まちの景色のひとつになり、
たいやきの福丸さんは、いつも通りの笑顔で道行く人に
「こんにちわー!暑くなりましたねぇ!」と朗らかに声をかけ、
高松家のご主人は相変わらず、毎朝早くから美味いうどんを打ち、
トラベシアでは夜毎にキラキラと星のネオンに明かりがともり、
やながせ倉庫では、なにやらゆるくも面白そうなことが
あくまで住人たちのペースでいかにも楽しそうに行われていきます…。

変わるものと、変わらないもの。

まちの姿は、少しずつ変わり、あるいはちっとも変わらず、
今日もゆっくりとていねいに一日が過ぎていきます。

マウアさんやラシェーズさんがいたまちの景色を、
ギフノートの中で綴ることができて、本当によかったと思います。
そして、愛しい人や愛しい場所ばかりのこのまちを、
私たちはやっぱりずっと、大好きで仕方がないのです。

マウアデリカテッセンさんは、5月6日(日)が最後の通常営業です。
マウアさん http://mauadeli.exblog.jp/
mauaという名前は… このおむすびに何度救われたことか。 徒然舎さんの本棚
おいしい本たち ひとまず最後から二番目の日も、いつも通りのマウアさんだった。 岐阜市矢島町にある…
夕暮れ さよなら、マウアさんの木にはたくさんの実が結んだ。

 

ラシェーズさん http://lachaise55soramame.blog58.fc2.com/

ラシェーズの引っ越しパーティ、はじまり! 細い通路をみんな行ったり来たり 宴もたけなわ 恒例のビンゴ大会も まちなかの仲間が景品に協力(笑) 主催者の小心者・今尾くんは緊張で飲まないとやってられない
岩田さんはいつでも陽気で、冗談ばかりで… 今さらになって初めて食べたチーズケーキは馬鹿みたいに美味しかった
これからの、マウアさんとラシェーズさんの活躍にたくさーーーんの愛を込めて!

 

                                                            泣きそうな夜を越えて
                                                            初夏がめぐるある日に  
                                                   ギフノート編集室 

*旅立っていくギフノートたち*

あの撮影の日々から…私たちがギフノートを発行したのは9月25日。
それから、いろんなお店にお届けして、
いくつかのイベントでも販売したり、
HPからご注文をいただいて発送したり、
思いがけず、ちょっと遠いまちの素敵なお店で
取り扱っていただいたりもして…。

気がついたら、もうずいぶんたくさんの方のもとへと、
このリトルプレスは旅立っていきました。

「ギフノートを片手に、岐阜のまちかどを
かろやかに歩くあなたを見かけることができたら…。」

たくさんの愛情を込めてギフノートを綴りながら、
ぼんやりとそんなことを思い描いていたので、
発行して間もなく立ち寄ったカフェで、偶然、
鞄にしのばせたギフノートを取り出して
眺めている女性を見かけたときは、 本当に、ほんとうに、
小躍りしそうにうれしかったのです!!

まるでジェットコースターに乗っているようにある日の打ち合わせ
めまぐるしく、スリリングに過ぎていった
あの制作の日々からは少しペースダウンしながら、
今度はメリーゴーラウンドに乗ってはしゃぐように、
うきうき、ワクワクしながら、だれかのもとへと
ギフノートが旅立つのを見送る日々…
その、うれしいことったら!!

そして、本当に私たちも驚いているのですが、
あれほど山積みだった本の束は、
すでに 4分の1ほどにまで減ってしまいました。
発行からまだふた月も経っていないというのに…
なんだかちょっと信じられません。

きっと、あと、もうしばらく…。
最後の一冊まで、ギフノートがだれかのもとへと
嫁いでいくのをそっと見守っていきたいと思います(*´ェ`*)

    ********

ということで…しばらく、いろんなイベントでも
ギフノートを販売していただくことになりました♫♬♬
「ギフノート、気になってるんだけどなぁー」という方は、
ぜひ、会場に足を運んでみてくださいね(*´∀`)ノ

岐阜のまちなかの神社で秋のお祭り!
『こがねさんの秋祭り』
日時:2011年11月23日(水・祝)10:00~16:00
※雨天は26日(土)に延期
場所:金神社境内
出店:山本佐太郎商店&まっちんのブースにて販売していただきます♫♬♬ http://www.geocities.jp/koganejinjya/akimaturi.htm

みんながつながる「ツナフェス」♫♬♬
『つながりフェスティバル vol.2』
日時:2011年11月26日(土) 10:30頃~15:30頃
場所:金公園
出店:エスニックハンドメイド小物『pippie』さんのブースにて
一緒に販売させていただきます♫♬♬
http://tunagari.chu.jp/fes.html

小さな神社で開かれる手づくり市
『小さなクラフト展』
日時:2011年12月3日(土)10:00頃~16:00頃
※雨天は翌日に延期
場所:八幡神社(金公園東)
出店:ハンドメイド作家『U,clover』さんのブースにて販売していただきます♫♬♬ http://www.geocities.jp/yanagasesouko/craft/

あの!おなじみのクリマでも!!!
『名古屋クリエーターズマーケット』
日時:2011年12月3日(土)・4日(日)11:00~18:00
場所:ポートメッセ名古屋3号館
料金:前売1日券600円/2日券1,000円(当日券800円)
(小学生以下/大人1人につき2名まで無料)
出店:一般ブース ジャンルC 『LineFolt GALLARY』のブースにて
販売していただきます♫♬♬
http://www.creatorsmarket.com/

 

まだまだ、たくさんの方のもとに、
ギフノートが旅立ってくれますように。
そして、岐阜を好きになってくれる方が、
たくさーん、いますように+.(´▽`)

                           いまだに、少し緊張しながら、
              久しぶりにページをめくってみる夜に
               ギフノート編集室 

*ギフノート、イベントでの販売*

ギフノートを発行して2週間ほどが経ちました。
なんだか、あわただしい毎日を過ごしながらも、
私たちのもとを旅立っていく「ギフノート」を、
一冊ずつ、まるで親のような気持ちで(*´ェ`*)
日々、見守りながら送り出しています。
「どうか、お役に立つんだよ」
「大切にしてもらってね…」
そんな、気持ちで…。

ギフノートは現在、おかげさまでたくさんのお店で
お取り扱いいただいています。
すでに追加のご注文までいただくお店もあり…
本当に感謝の言葉しか浮かびません!
HPからのご注文受付も始まり、
(こちらはアナログで、手にしていただくまでに
ちょっぴり時間がかかりますが…)こちらも1冊ずつ
どんな人のもとに嫁ぐのかしら(笑)と思いながら、
送り先を書いて発送するのが、また楽しい作業なのです。

 

さて。小さなクラフト展にて

ギフノート編集室は、先日、10月1日(土)に
岐阜のまちなかの 八幡神社で開かれた
『小さなクラフト展』 に出店してまいりました!
ツイッターでフォローしてくださっている方や、
ギフノートで紹介させていただいたお店をめぐり
『勝手にスタンプラリー』を始めてくださっている方、
「早速、このお店に行ってきましたよ!」と
うれしいお言葉をかけてくださる方…、
友人の分まで、と何冊も買ってくださる方まで!
いろんな方に直接お会いすることができて…
ほんとうに、ほんとうに「ギフノート」を綴って
良かったー!!と思わせていただける一日でした。

発行日の9月25日に開かれた『きそがわ日和』で
できたてのギフノートを手にしてくださった方、
そして『小さなクラフト展』で買ってくださった方々…
本当にありがとうございます!

そして…実は、今後のイベント販売の予定も決まっています!
ぜひ、『ギフノート』って、どんなリトルプレスなの?と
気になっている方は、見本を実際に手にとって、はらはらとページをめくって、
よければ全ページをじっくりと読んでいただいても結構ですので(笑)…
私たちが綴った岐阜の今を感じてくださいませ(*´∀`)ノ

ギフノート編集室として3人で出店します!
『岐阜町の縁日』
日時:2011年10月9日(日)10:00~16:00
場所:岐阜公園 噴水のあたり
http://www.musublog.jp/blog/gifumachi/

ギフノートを販売してくださいます!
『5th Go! U,Clover*/ゴーゴーユークローバー』
日時:2011年10月28日(金)・29日(土) 10:00~17:00
場所:岐阜市菅生3-8-2 Handmade Shop U,Clover*
TEL:058-297-3452
※ハンドメイド作家のU,clover さんがご自宅で開く2DAYS SHOPです
http://yaplog.jp/u-clover/archive/868

どうか、これからもたくさんの方のもとに、ギフノートが届きますように。

                                本当に鞄にギフノートを入れてくれていた女性に会って
                                           泣きそうにうれしかった金曜日に
                                    ギフノート編集室

※ギフノートお取扱店はこちら
※ギフノートのHPでのご注文はこちら

 

 

 

 

*さぁ、『ギフノート』ができました!*

「岐阜を綴るちいさな手帖 ギフノート」は小さな珈琲豆専門店にて。
2011年9月25日に無事、発行となりました。

はじまりは、ちいさなカフェでの会話。
「岐阜のリトルプレスを作ってみたいなぁ…」
「もし作るなら、あのカフェは絶対紹介したいよね」
「あそこと、ここと、それから…たくさんあるね!」
「サイズは鞄に入れて持ち歩けるくらいがいいかな」
「やっぱり、地図は欲しい。手描きの地図も載せたいなぁ」
「そうそう、あのギャラリーでね…」

自分たちの育った岐阜が大好きな仲良し3人組が
わくわくしながら始めた、リトルプレスの妄想編集会議…。
それは不思議なほど、最初から現実味をおびていて、
なんだか、この3人ならきっと、このまま本当に
本が作れちゃうんじゃないか、と思ったのです。

そして、気付けば「えいやっ」と、
3人で足並みをそろえ、実現へと踏み出していました。

…それからは、まるでジェットコースターに乗って駆け抜けるように
めまぐるしく、本当に楽しく、ときには苦しく、ドキドキの日々が続き…。
ついに、私たちの目線で岐阜を綴った『ギフノート』が完成しました!

そして、『ギフノート』は今、私たちのもとから、一冊、また一冊と、
誰かのもとへ、旅立ち始めています。

いつか、岐阜のまちかどで、『ギフノート』を片手に
軽やかに歩く
あなたを見かけることができたら、
私たちは、ほんとうに、ほんとうに、しあわせです!

 

                      ベランダから、ひとつきり光る星を眺めて
                      涼やかな秋の気配を感じる夜に。

                           ギフノート編集室